IoTと聞くと、なんだか難しいITの用語なのかなというイメージを抱く方もいらっしゃることでしょうは多いのではないでしょうか。中には、私には関係のないものだと思う方もいらっしゃるでしょう。

画像: 【IoT × ホーム】<海外事例>生活の質をほんの少し上げてくれる、“あったらいいな”IoT5選

しかしIoT製品は、すでに普段の生活に数多くのアイテムが私たちの生活に取り入れやすいられています。

IoTとは「Internet of Things」の略で、モノとインターネットがつながることで、スマホやタブレットからモノを操作できるようになる仕組みのことを指します。

テクノロジーが私たち我々の生活に浸透していく中で、IoTは現在のテクノロジーを語るのに欠かせない、身近な存在となってきています。

以前、【IoT × ホーム】の記事で、「朝のコーヒーメーカー」や「子どもをあやすためのチャイルドチェア」など、日常的な一日の流れの中で、IoTがどのように取り入れられているのか、紹介しました。今回の記事では、今ある生活にひとつでも取り入れると生活の質がグッと上がるIoT製品ご紹介します。

【ダッシュボタン】ストックがなくなったら、ポチッと押すだけで注文完了!

私たち日本人の生活に身近になってきたことから、ご存知の方も多いであろう、アマゾンのAmazonのダッシュボタン。日常生活で必要な食料品、飲料品、消耗品などがなくなりそうなタイミングでポチッと押すと、配達される仕組みになっていますサービスです。すでに日本でも利用者は多く、ご存知の方も多いでしょう。アマゾンのサイトやにアクセスしたりアプリを開いて注文をしなくても、ダッシュボタンへのを一ひと押しでするだけで注文完了できるので、楽ですよね。

利用できるボタンの数は100を超え、種類は洗濯洗剤、シャンプー、消臭剤、水、ビール、コーンフレークと多種多様です。

「とにかく忙しくて時間がない…! 」「小さい子どもがいてまとめた買い物ができない」など、少しでも暮らしの手間を省きたいと考えている人は、ぜひ一度使ってみてください。きっと手放せなくなるでしょう。

【アマゾンエコー】目覚ましもピザの注文もUberを呼ぶのも、みんなアレクサにお任せ!

Amazon社が製造・販売をするAIスピーカー、アマゾンエコー。スピーカーの声は、“アレクサ”と呼ばれる架空の女性。「アレクサ、〇〇をお願いします!」とスピーカーへ向かって声をかけるだけで、好きなプレイリストの音楽をかけたり、アマゾンへ本を注文したり、ルンバで掃除を自動的に開始したりと身の回りのお世話をしてくれます。

アプリだけではなく、スマート電気やスマートロックなどといったデバイスとも連携ができることから、手がふさがっていて忙しいときはアレクサへ向かってに声をかけるだけでやりたいことができ、問題も解決できてしまいます。

アメリカやヨーロッパ各国で爆発的な人気を集めているアマゾンエコー。2017年の年内には日本での発売を発表したアマゾン本社。他のAIスピーカーの脅威になることはあと少しなのは確実とも言えるでしょう。

【スマートロック】「あれ家の鍵閉め忘れた…?」うっかりした閉め忘れも心配無用!

仕事や学校に行くとき、家を出て数分したころ頃に「あれ、家の鍵閉めたっけ?」と思い出すことはありませんか?遅刻しそうなときは「たぶん大丈夫」と信じてそのまま職場や学校に行ったけれど、その日は一日中鍵のことが頭から離れない…

そんな心配を一切しなくてよくなくしてくれなるのが、スマートロック。スマホの専用アプリで鍵が空いているのか、閉まっているのかを確認することができ、さらに開け閉めまですることができるIoTです。

現在では日本国内においてもスマートロックの製造と販売をする企業が増えてきていて、知名度が上がってきています。“うっかり”が多かったり、セキュリティ面をしっかりさせたい万全にしたいと思う方にとっては、最適な家電IoTのひとつになりますね。

【気温調整機】タッチスクリーンで今の気温や空気の状態がシンプルにわかるを調整して快適な部屋作りを!

マイクロソフト社は温度計や空調設備などの販売を手掛けるジョンソンコントロール社とタッグを組み、タッチスクリーン型のIoT気温調整機の販売を開始しました。

機械で部屋の気温を調整することができる、気温調整機。日本ではまだまだマイナーな存在ですが、セントラルヒーティングが主流のアメリカでは多くの家やアパート、マンションで必ずと言っていいほどあるアイテムです。日本でいえば、エアコンのある家庭では欠かせないリモコンが近い存在だと言えるでしょう。

従来の気温調整機では、薄暗い画面にいろいろな情報が凝縮されていて見にくくいうえに、操作の仕方がもわかりにくいといった欠点がよく聞かれました。

以下のインスタグラムの写真は、アメリカで広く流通する従来型の気温調整機です。

これに対し、マイクロソフト社とジョンソンコントロール社が発表した最新の気温調整機は、タッチスクリーン式で空気の質を確認できたり、屋外のリアルタイムの気温がわかるなど、これまでの気温調整機にはなかった画期的な機能が注目を集めています。

とくにタッチスクリーンになるったことで、どのボタンを押せばいいのかというのも従来のものよりはるかにわかりやすくなり、機械が苦手だという人にとってもより使いやすくなるというのは間違いなさそうですね。

【スマート電気】必要なのはWi-Fiだけ。いつでもどこでも部屋の遠隔から電気を付け・消しをON・OFFができる。防犯効果にも注目!

WiFiと電球をつなげるだけで、スマホはもちろん、アマゾンエコーやグーグルホームといったAIスピーカーからも電球の操作ができるようになるスマート電気も、ぜひ使ってほしい便利アイテムです。

例えば家に帰ったときにアマゾンエコーに「アレクサ、電気を付けて」と言うだけで電気がつきます。また出先からでもスマホのアプリでを通じて操作ができます。、長期旅行などで部屋をしばらく留守にするときなどに、防犯のために電気を付つけたりするといった使い方もできます。いといったときも安心です。一旦数時間つけておいて、そしてしばらくしたら消すことで家に人がいること気を感じさせないということをることで、どろぼうの侵入を防止できるのです。

そしてまた電気の明るさやムードもを微調整でき変えられることがも、スマート電気の注目すべきポイント。です。

読書をするときは、文字がよりクリアに見えるような明るさに。リビングルームで家族で映画を見るなんてときは、やや暗めに。寝るときは程よく眠りを誘う明るさに。シーンに応じて明るさを変えられるという点で、目にも優しいIoTですね。

時間短縮と安心が手に入るIoTは、私たちの生活に欠かせないアイテムになる!

画像: 時間短縮と安心が手に入るIoTは、私たちの生活に欠かせないアイテムになる!

このように私たちの身の回りにはIoTが活躍するシーンはたくさんあります。今回はホームというを舞台にしましたが、オフィス環境を便利にしてくれるIoTもたくさんあります。IoTは遠い存在ではなく、もう身近なものになってきているのです。

IoTのを導入はすると、生活はどう変わるのか。たとえばダッシュボタンであれば、ボタンを押すだけで注文が終わるので、サイトやアプリでほしい物を探したり選ぶ時間がなくなります。またスマートロックであれば、いちいち家に戻る必要がないので遅刻する心配もなくなりますよね。

IoTを通して私たちは、自分の身の回りのことをサクッと終わらせることでができ、その分短縮したの時間を有意義に使ったり、安心が得られるのです。

今後ますます目が離せなくなるIoT。次はどんな製品が登場して私たちの生活ライフスタイルを豊かにしてくれるのか、楽しみですね。

(PR)フィジタルをマーケティングに活用したい方におすすめのソリューション
drop: Phygital Marketing Lab

デジタルによるビッグデータの取得・活用と、リアルでのブランド体験の提供を両立

・フィジタルを通じたユーザー行動をデータ化し、マーケティングに活用
・リアルビジネスにフィジタルを融合することで、デジタル活用の機会が広がる
・感情をデータ化し、よりユーザー意向に合わせたデータマーケティングを実現

フィジタルマーケティングプラットフォーム

・データベースマーケティングの仕組みをVR/ARといった体験型コンテンツに融合
・コンテンツ価値を単なる「体験」から「継続的なコミュニケーション」を創出できる「起点」にする。
・未来技術と外部コミュニケーションをつなぐハブとなるプラットフォーム

dropのサービス

・フィジタルコンテンツ製品/サービスの企画・開発・運用
・フィジタルなイベント/製品などの告知・販促
・個々のフィジタル製品のネットワーク化
・フィジタルを通じて得たユーザーデータの分析
・フィジタルを活用したコミュニケーション設計、施策の企画・運用
・PDCAを通じて得た知見の反映・コンテンツアップデート
・その他、フィジタル領域に関する課題解決のご支援

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.