今やスポーツのライブ中継やハイライトはVRで見る時代に!VR最先端のアメリカでは、プロバスケットボールリーグのNBAや、人気スポーツチャンネルFox NewsがこぞってVRでの試合動画の配信に力を入れています。その背景では、プロスポーツチームのプロモーション動画や、各種大会イベントのVR動画を専門に制作するスタートアップが、数多く登場し始めました。

画像: 【VR×スポーツ】<海外事例>試合中継もハイライトもVRで見る時代!スポーツVRのマーケティング効果とは?

拡張し続けるスポーツVR市場は、ユーザーにどんなメリットや感動を与えることができるのでしょうか。

アメリカ三大ネットワークのひとつ、NBCの記事に以下のような記述がありました。

“We could bring that feeling of being in the arena to fans around the world. ”
(VRは世界中のスポーツファンたちにアリーナにいるかのようなワクワク感を提供することができる。)

NBC News, Soon Virtual Reality Will Let Everyone Attend the Super Bowl, Feb 4th, 2017

VRのヘッドセットを装着するだけで、目の前にはあたかもアリーナや会場にいるかのような空間が広がります。決してテレビ観戦では体験できなかった興奮を、視聴者は手に入れることができるのです。


今回は最新のスポーツVRの事例、そして企業が期待できるマーケティング効果についてご紹介します。

【NBA】中継試合とフルゲームは有料、約800円で購入

画像: 【NBA】中継試合とフルゲームは有料、約800円で購入

日本にもファンが多いNBA。VRを使うことで、本場アメリカに足を運ばなくても、日本にいながら臨場感あふれる世界最高峰の試合を観戦することができます。

まずはNBAの公式ホームページから観たいゲームを探し、”BUY SINGLE GAME”のボタンをクリック。あとはクレジットカードで支払いをするだけです。1試合の視聴料はおよそ800円。そしてVRヘッドセットを用意すれば、いつでもどこでも試合を観戦できます。

現在は2017年の1月から4月に行われた試合動画を買うことができます。例えば、ミネソタTimberwolvesやロサンゼルスLakersなど人気チームの試合を、日本にいながらあたかも会場にいるかのような雰囲気の中で観戦できる。そんな夢を叶えてくれるのがVRなのです。

【Fox Sports】選手インタビュー、試合ハイライトのVR動画はここにおまかせ

画像: 【Fox Sports】選手インタビュー、試合ハイライトのVR動画はここにおまかせ

Fox Sportsといえば、アメリカでもっとも人気のあるスポーツ中継チャンネルです。「野球やアメリカンフットボール、サッカーを見るならFox Sportsだよね」と言われるほど、スポーツメディア業界でトップに君臨しています。

こちらのチャンネルの主なVRコンテンツは、アスリートへのインタビューや試合のハイライト。現在はVRでの試合の中継は行っていませんが、もともとはスポーツ中継専門チャンネルのFox News。今後は試合の生放送を期待することができますね。

【NextVR】VRスポーツ動画専門のスタートアップ

画像: 【NextVR】VRスポーツ動画専門のスタートアップ

ロサンゼルス郊外のNewport Beachに本社を構えるNextVR社は、スポーツVRを専門に取り扱っているスタートアップ企業です。サッカーのチャンピオンシップ、テニスのウィンブルドンといった世界的に有名なスポーツの大会と提携し、数多くの試合のハイライトVR動画を公開しています。

実は上記のNBAとFox Sportsとパートナーシップを組んでいるのがNextVRです。NextVR社のオフィシャルFacebookは、Fox SportsのキャスターがVRを楽しむ様子が伺える動画を公開しています。

https://www.facebook.com/NextVR/videos/603045266523587/

この動画はわずか20秒にもかかわらず、116いいね!と76シェアを獲得し、およそ7,000回も再生されました。司会者のひとりが”I don’t think I can see anything what’s going on except this game!”(ゲーム以外何が周りで起こっているのか何も観られない!)と言っている通り、VRヘッドセットをつければ、そこはもうスタジオではなく、会場に“瞬間移動”してしまうのです。

有名テレビ局のスポーツキャスターがVRを使っている様子は、視聴者に大きなインパクトを与えたはず。「この人がこんなにVRで感動しているなら、使ってみたくなった!」と思った人は多いことでしょう。

スポーツ観戦をVRで行うことの意義

スポーツVRが活発になることで、ファンは高いチケット代や交通費を払ってスタジアムに足を運ばなくても、ゲームを観戦することができます。従来では席の位置で値段が大きく変わりましたが、VRならばいつでも特等席!家で観戦するなら、ストレスなく試合を楽しめます。

一方で「VRが普及したら、観客動員数は減ってしまうのではないか」という懸念がありますが、VR施策は「スタジアムまで行こうとは思わないけれど、テレビならば試合を見る」という潜在ファン層をスタジアム観戦へ誘導するきっかけとなります。VRを見ればテレビの画面では決して体験できない臨場感を味わうことができ、その興奮が「スタジアムへ行ってみよう」という欲求を刺激するからです。また、それまでスポーツに興味がなかった人にも、スポーツを見るきっかけとなることが期待されるのです。

スタジアムに行けば、さらにライブでスポーツを観戦する醍醐味を体験します。潜在ファン層を発掘するだけでなく、テレビ観戦からVR を経て、スタジアムで観戦をするコアファンが増えていけば、スポーツ業界全体の発展につながりますね。

スポーツVRが可能にする、スポーツ観戦の未来

一度興味を持てば、継続してVRスポーツ観戦をするユーザーも少なくはありません。「何度もVRで試合見てみて、やっぱりスタジアムへ行ってみたくなった」と思わせれば、スポーツVR施策は成功したといえるでしょう。

今回紹介した事例にあるように、スポーツVR動画には大きなインパクトが秘められています。これまでスポーツに興味がなかった人、スタジアムまで行って観戦はしたことがない人たちをスタジアムへ呼び寄せるきっかけを与えることができるのです。

またNBAのようにVR視聴を有料にすることで利益増大が見込め、無料動画の場合でもスポンサーによる広告収入が期待できます。新しいマーケティング、マネタイズができるスポーツVRに今後も目が離せなくなりますね。

(PR)VRをマーケティングに活用したい方におすすめのソリューション
drop:VR360VR360°動画

VR360°動画を使ったマーケティングが低料金、短納期、ワンストップに実現

・動画ツアーが手軽に作成できる
・VR360°動画でリアルタイムにライブ配信
・コンテンツ課金ができる
・特定視聴者のみの閲覧可能
・オリジナルVRゴーグルの制作

VR360°動画を体験したユーザーをリスト化

その後も継続的なコミュニケーションが可能に
・履歴をデータ化してターゲティング
・Google、Yahoo!JAPAN、Facebook、Twitter、LINEなどの主要媒体に配信

dropのサービス

・フィジタルコンテンツ製品/サービスの企画・開発・運用
・フィジタルなイベント/製品などの告知・販促
・個々のフィジタル製品のネットワーク化
・フィジタルを通じて得たユーザーデータの分析
・フィジタルを活用したコミュニケーション設計、施策の企画・運用
・PDCAを通じて得た知見の反映・コンテンツアップデート
・その他、フィジタル領域に関する課題解決のご支援

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.