勉強を楽しくさせるお手伝いをするロボット。子どもの可能性を最大限に伸ばし、「できない」という考えをなくす

画像: <ロボット×勉強>勉強を楽しくさせるお手伝いをするロボット。子どもの可能性を最大限に伸ばし、「できない」という考えをなくす

小学生や中学生の教育現場に携わる人なら誰しもが、子どもの勉強へのモチベーションや集中力ということに悩んできたのではないでしょうか。

そんな教育業界ではロボットの存在感が増してきています。ロボットが導入される目的は、子どもたちに勉強や学ぶことを楽しんでもらうためです。勉強はしばしば「嫌なもの」「やりたくないもの」「つらいもの」として考えてしまう子どもが多くいます。そんな風に考える子どもたちを減らし、子どもの可能性を広げていくお手伝いをしてくれるのがロボットなのです。

今回の記事では、フィンランドで話題の外国語学習の事例をはじめ、子ども向けのプログラミング教育などに特化するロボットを紹介します。ロボットがいることで子どもたちの教育、そして社会にどのような影響が及ぶのかを考えていきませんか。

フィンランドの小学校で活躍する、言語学習サポートロボット

フィンランドの都市のタンペレ。首都のヘルシンキの北西に位置する大都市です。タンペレにある小学校では、ロボットの外国語の先生が活躍し始めています。どんな先生なのでしょうか。ロイター通信に詳しい記事がありました。

“Elias, the new language teacher at a Finnish primary school, has endless patience for repetition, never makes a pupil feel embarrassed for asking a question and can even do the “Gangnam Style” dance. Elias is also a robot.

The language-teaching machine comprises a humanoid robot and mobile application, one of four robots in a pilot program at primary schools in the southern city of Tampere.

The robot is able to understand and speak 23 languages and is equipped with software that allows it to understand students’ requirements and helps it to encourage learning. In this trial however, it communicates in English, Finnish and German only.”

「エリアスはフィンランドのとある小学校の新しい外国語の先生。言語の反復練習に我慢強く、子どもたちが質問することに恥を感じさせることはなく、また韓国で有名なガンナムスタイルのダンスを踊ることができるのです。そう、エリアスは先生であり、ロボットでもあるんです。

これは人型ロボットと、モバイルアプリを組み合わせたものであり、フィンランドの南部のタンペレという都市の複数の小学校の言語プログラムで使われています。

エリアスは23もの言語を理解し、話すことができます。そしてロボット本体に児童たちの言語学習のモチベーションを上げるためのソフトウェアが組み込まれています。しかし試験段階では、英語、フィンランド語、ドイツ語のみの対応でした。」

出典:Techno teachers: Finnish school trials robot educators
https://ca.reuters.com/article/technologyNews/idCAKBN1H31XT-OCATC

フィンランドでは国民のほとんどが英語ができると言われています。英語圏外の国で最も流暢な英語を話せる国として4位にランクインした実績もあります。

母国語のフィンランド語や英語だけではなく、フランス語やドイツ語、スペイン語など数カ国語を操ることができる人も少なくありません。隣国のスウェーデンに長年統治されていた歴史から、スウェーデン語を使うことができる人も一定数います。このような背景から、フィンランドは外国語教育に非常に重きを置いています。

そんなフィンランドにとって、「外国語のロボット先生」の活躍は必要不可欠なのかもしれません。

外国語学習をしていくにあたり、大事なことが二つあります。反復練習をすることと、恥ずかしがらないことです。これらのことを何度も何度も繰り返し練習することで、外国語が使えるようになっていくのです。子どもたちが外国語の練習をするのにあたり、ロボットが活躍するのです。

フィンランド大使館のツイートにあるように、子どもたちが発音や単語の使い方を間違えたとしてもエリアスは笑ったり、茶化したりすることがありません。例えば日本の英語教育では、「ある子がきれいな発音をしようと頑張るだけで、周りに笑われる」ということが問題視されていました。しかしそんな心配も無用です。何度も子どもたちの外国語の練習に付き添え、モチベーションを上げていく能力がエリアスには備わっています。

子どもたちにとって最高の言語学習パートナーであると同時に、また先生たちにとっても素晴らしい「同僚」でもあるエリアス。子どもたちの学習成果が自動的にコンピューターに記録され、それらを先生たちが閲覧できるようになっています。学習データが自動的に蓄積されていけば、勉強が苦手な子どもへの勉強の対策が立てやすくなることは間違いありませんね。

アメリカの「STEM教育」に貢献する、サイエンス系ロボットたち

アメリカの高等教育業界で話題の、STEM教育。Science(化学), Technology(テクノロジー), Engineering(エンジニアリング), Math(数学)の略称です。シリコンバレーなどでIT企業が影響力を増す中、STEMに関する人材が不足しています。アメリカでは、これらの分野の人材育成をすることが国をあげて行われています。

小学生や中学生などの子どもたちが小さいときからSTEMに馴染めるようにと、STEMへの関心を高める学習ロボットも登場し始めてきているアメリカ。例えば、プログラミングに関心を持たせる、プログラミングのおもしろさを伝えるロボットが開発されているんです。

こちらのロボットは、Elegoo Smart Robot Carというものです。子どもたちが一から組み立てることを想定して作られています。まさしく、ロボットを「使う」のではなく、「作る」のです。子どもたちがロボットを作るという経験をすることで、世の中にある機械やモノがどのようにして作られているのかに興味関心を抱くきっかけにもなります。

ゴールはロボットを完成させることなので、作る過程でいろいろな学びがあります。途中でどのように組み立てたらいいのかわからなくなることもあるかもしれません。しかし何が何でも完成させようという粘り強さを身につけてくれることでしょう。

ロボットが完成すれば、おもちゃの車として遊ぶことができます。値段は約1万円。やや値段がはるものですが、小中学校の図工や技術の授業で取り入れ、グループワークとして子どもたちに取り組ませるのも一つのアイディアでしょう。このような製品でロボット作りの楽しさを覚えた子どもたちが、将来はロボットや車、家電製品などのエンジニアになって、世の中をより安全に、便利にしていってくれるかもしれませんね。

ロボットが変えていく、教育業界の未来

画像: ロボットが変えていく、教育業界の未来

今回ご紹介した外国語ロボットなどが、日本の教育現場でも活躍するのはまもなくかもしれません。海外で話題になる製品が多いことから、教育ロボットに興味関心を抱く教育関係者も多いことでしょう。

勉強が嫌いな子どもでも、ロボットがアシストしてくれれば勉強へのモチベーションが上がり、自ら進んで勉強をするという変化も期待できるかもしれません。ロボットと共に学習していくことを親御さんへアピールするのも良いでしょう。

特に外国語ロボットは日本社会へも大きなインパクトをもたらすことが考えられます。東京オリンピックに向けて、英語や外国語の重要性が強調されつつある今。また、先進国の中でも英語の運用レベルが高いとは言えない日本。未来の日本を担う人材を育成するための第一歩として、外国語ロボットの存在意義は大きいですね。

(PR)フィジタルをマーケティングに活用したい方におすすめのソリューション
drop: Phygital Marketing Lab

デジタルによるビッグデータの取得・活用と、リアルでのブランド体験の提供を両立

・フィジタルを通じたユーザー行動をデータ化し、マーケティングに活用
・リアルビジネスにフィジタルを融合することで、デジタル活用の機会が広がる
・感情をデータ化し、よりユーザー意向に合わせたデータマーケティングを実現

フィジタルマーケティングプラットフォーム

・データベースマーケティングの仕組みをVR/ARといった体験型コンテンツに融合
・コンテンツ価値を単なる「体験」から「継続的なコミュニケーション」を創出できる「起点」にする。
・未来技術と外部コミュニケーションをつなぐハブとなるプラットフォーム

dropのサービス

・フィジタルコンテンツ製品/サービスの企画・開発・運用
・フィジタルなイベント/製品などの告知・販促
・個々のフィジタル製品のネットワーク化
・フィジタルを通じて得たユーザーデータの分析
・フィジタルを活用したコミュニケーション設計、施策の企画・運用
・PDCAを通じて得た知見の反映・コンテンツアップデート
・その他、フィジタル領域に関する課題解決のご支援

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.