誰しもいつかは乗ってみたいクルマがあることでしょう。ただ憧れのクルマなあまり、「自分には到底無理だ…。」と思ってしまう人も少なくありません。そんな顧客層へクルマのブランドに親しみを持ってもらうために、これまではパンフレット、ホームページ、テレビや雑誌の広告が主流でした。そして今や海外のクルマ業界ではVRやARといった最新テクノロジーを活用したプロモーションを実施しています。

画像: <VR×自動車>クルマの購入の比較検討に。BMWがプロデュースする、VR/AR最新アプリ

その一例としてあげられるのが、ドイツのクルマメーカーのBMWの施策。日本でもおなじみですよね。BMWでは、VRとARに関する4つのアプリを配信しています。これらのアプリはBMWでクルマを購入しようと思っている人はもちろん、まだBMWに親しみがない人にも向けています。では具体的にはどのようなアプリなのでしょうか。 この記事では日本からでも利用が可能な3つのアプリをご紹介します。

自分のお気に入りのパーツを組み合わせて、クルマの内装を作ることができるARアプリ

画像1: BMWのホームページのスクリーンショットより

BMWのホームページのスクリーンショットより

“With the BMW i Visualizer app, you create your own personal BMW i3 or i8 simply by moving your fingers. Select the exterior and interior to match your preferences, open the door, switch on the light. You also access the online configurator directly and can arrange a test drive. Once you’ve designed your own vehicle configuration, you can share it quite easily with your friends on social media channels, by e-mail or as a QR code.”

「BMWのi Visualizer appでは、i3とi8を自分の好きな内装にカスタマイズすることができます。自分の好みに合った外装と内装を選び、ドアを開け、車内の電気をつけてみましょう。アプリ上ではオンラインで見積もり設定ができるページに飛び、試乗の予約をすることができます。また自分でデザインした作品は、SNSやEメール、QRコードで友達や家族とシェアすることができます。」

出典:VIRTUAL & AUGMENTED REALITY
https://www.bmw.com.mt/en/topics/offers-and-services/bmw-apps/virtual-and-augmented-reality.html

こちらは、遊び感覚で気軽に自分の好きなクルマのデザインができてしまうアプリです。
対応車種はi3とi8というもの。以下の画像のクルマです。

BMWさんはInstagramを利用しています:「Way ahead to a new era of mobility. The new #BMWi3. #BMW @BMWi __________ The driving range depends on a variety of factors, especially:…」

www.instagram.com

BMWさん(@bmw)がシェアした投稿 -

アプリ上でこれらのクルマの外装の色を選んだり、クルマの内装のデザインを自由に施したりすることができます。そして最後には試乗の予約も。最初は買うつもりがなくても、アプリで遊んでいるうちに乗ってみたくなってきたと思う人もいるかもしれません。そこで気軽な気持ちで試乗の予約をしてみたら、真剣に購入を考えるケースもあることでしょう。

ブランドに興味を持たせるために、ARアプリを用いて、顧客に自分の好きなデザインを施させるということは、従来の広告よりもより高い効果が見込めるかもしれません。

BMWのクルマの100以上の外装や内装をVRで体感することができる

画像2: BMWのホームページのスクリーンショットより

BMWのホームページのスクリーンショットより

“Immerse yourself in the visionary world of BMW. View the BMW VISION NEXT 100 from all sides in fascinating augmented and virtual reality. Using a photo function, you can photograph the concept vehicle in your chosen environment and then share the picture with your friends. Virtual reality enables you to enter and explore the interior in an impressive 360° presentation. With virtual reality glasses or Cardboard, you experience the interior in realistic 3D.”

「幻想のようなBMWの世界に没頭してみませんか。BMW VISION NEXT 100のすべてのスライドをVRまたはARで見てみると、うっとりする世界があります。VRを使うことで、BMWのクルマの美しい内装を360度どこからでも楽しむことができます。」

出典:VIRTUAL & AUGMENTED REALITY
https://www.bmw.com.mt/en/topics/offers-and-services/bmw-apps/virtual-and-augmented-reality.html

こちらのアプリは、BMWのホームページからMakerと呼ばれるクルマの写真をプリントアウトし、それをスマホのアプリのカメラにかざしてみます。そうすることでVRまたはARで自分の好きなクルマの内装を楽しむことができるというものです。

実際にディーラーまで足を運ばなくても、自分の気になるBMWのクルマの車内を、VRを用いて観察することができます。なかなか忙しくてディーラーへ行く時間を確保できない人、地方に住んでいて近くに店舗がない人にとっては、「どんな内装があるのかな?」「クルマのレバーの位置が手前にあるほうがいいけど、そういうクルマはあるかな」といった疑問を解消し、クルマの内装の予習をするのにぴったりなアプリでしょう。

自分が気になるクルマを選択し、クルマの外装を自分好みの色にカスタマイズしながら比較検討ができる

画像3: BMWのホームページのスクリーンショットより

BMWのホームページのスクリーンショットより

“Let the BMW Augmented app immerse you in the fascinating world of the new BMW 7 Series models – and experience all the highlights with the aid of augmented reality (AR) on your tablet or smartphone. Look forward to 3D models, interactive product information, videos, high-resolution images and other information. Simply load the free BMW Augmented app onto your device, start up the application, scan the pages indicated and discover the fascination of the BMW 7 Series models.”

「BMWのARアプリが、あなたをBMW 7モデルのうっとりする世界観へお連れし、タブレットやスマートフォンでクルマの重要な箇所をお見せします。クルマの外観を3Dで見たり、クルマの製品情報を閲覧したり、高画質なビデオや写真を見ることもできます。お手持ちのスマホなどのデバイスでアプリを立ち上げ、驚くべきBMW 7シリーズのモデルを堪能しませんか。」

出典:VIRTUAL & AUGMENTED REALITY
https://www.bmw.com.mt/en/topics/offers-and-services/bmw-apps/virtual-and-augmented-reality.html

BMWの7シリーズはこのクルマです。

画像: The all-new BMW 7 Series. All you need to know. youtu.be

The all-new BMW 7 Series. All you need to know.

youtu.be

BMWの看板とも言える車種。世界中から人気です。こちらのアプリでは7シリーズを思う存分楽しめるARコンテンツが詰まっています。ARで立体的なクルマの様子を見ることで、お店に行かなくても自分の目でクルマのリアルな外観をきちんと確かめることができます。またアプリ内で画像や動画を見られることも特徴。ひとつのアプリから、AR、画像、動画までをノンストップで見ることができる画期的なサービスと言えるでしょう。

クルマの広告にVRやARが当たり前のように使われる時代が来ている

画像: クルマの広告にVRやARが当たり前のように使われる時代が来ている

まだまだテレビや雑誌、新聞の広告の力が強い現代。しかし従来の広告媒体に迫ってきているのが、今回紹介したVRやARを用いたプロモーションの手法です。VRやARを使ってクルマのプロモーションを行う企業は年々増えてきており、BMWだけではなく、Audiなども取り組んでいます。

VRやARがあることで、画像や動画よりもよりリアルなクルマの様子や雰囲気を伝えることができ、そしてブランドに対する親近感を持ってもらいやすくなることができます。VR先進国のアメリカといった国では、このようなプロモーション方法が徐々に主流になってきています。日本においても数年以内にクルマを買うときのアクションとしてVRやARが使われるようになると言っても過言ではありません。

(PR)VRをマーケティングに活用したい方におすすめのソリューション
drop:VR360VR360°動画

VR360°動画を使ったマーケティングが低料金、短納期、ワンストップに実現

・動画ツアーが手軽に作成できる
・VR360°動画でリアルタイムにライブ配信
・コンテンツ課金ができる
・特定視聴者のみの閲覧可能
・オリジナルVRゴーグルの制作

VR360°動画を体験したユーザーをリスト化

その後も継続的なコミュニケーションが可能に
・履歴をデータ化してターゲティング
・Google、Yahoo!JAPAN、Facebook、Twitter、LINEなどの主要媒体に配信

dropのサービス

・フィジタルコンテンツ製品/サービスの企画・開発・運用
・フィジタルなイベント/製品などの告知・販促
・個々のフィジタル製品のネットワーク化
・フィジタルを通じて得たユーザーデータの分析
・フィジタルを活用したコミュニケーション設計、施策の企画・運用
・PDCAを通じて得た知見の反映・コンテンツアップデート
・その他、フィジタル領域に関する課題解決のご支援

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.